TOPへ


2005.12.22更新
シルバーデイケアわかくさだより(2005.012.22版)
 12月に入り、冷え込みが強くなりました。降った雪も溶けずに残っている
のを見て、「冬になったなぁ」とつくづく思います。
 さて今回のシルバーデイケアわかくさは少々体を動かすレクリエーションの
様子をお届けします。


今回シルバーデイケアでは、8〜13名位のグループに分かれそれぞれ
思い思いの場所へ行く遠足を実施しました。

 いろはカルタや果物、動物、植物のカードを使ってカルタ取りを行っています。道具を使って行うので、遠くのカードも取れると好評です。

 今回の運動は輪投げをしました。輪を10本使い、得点を競い合うといった内容の運動レクリエーションです。輪投げは昔経験したという方が多く、馴染み深い運動の一つです。メンバーの方の中には職員より上手な方が沢山おられます。
 活動の時間を使い、職員とメンバーの方と
で「何漬を漬けるか」、「必要な野菜や材料は
何が必要か」などを話し合い、買い物や実際
に漬け物を漬ける作業をメンバーの方と共に
行いました。
 漬け物は昼食時にふるまわれ、美味しく
いただきました。
※プライバシー保護のため、写真の一部を修正しております。